3流プログラマのメモ書き

元開発職→現社内SEの三流プログラマのIT技術メモ書き。 このメモが忘れっぽい自分とググってきた技術者の役に立ってくれれば幸いです。(jehupc.exblog.jpから移転中)

(L2スイッチ)Cisco Catalyst 2940のポートが一つ通信できない

CISCO Catalyst 2940-8TT-S インテリジェント イーサネット スイッチ WS-C2940-8TT-S

CiscoCatalyst 2940 L2スイッチを使っているんですが、その内の8番ポートにLANケーブルを接続しても通信できません。

このL2スイッチはIPを設定できるんですが、設置時の設定資料が残ってないためIPも不明です。

裏側にコンソール用のRJ45ポートがあったので、コンソールケーブル(RJ45-DB9)を使って、ターミナルから設定を見てみました。

CLIのコマンドの一覧は、http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/docs/SW/LANSWT-Access/CAT2940SWT/CR/001/15505_05_2.html?bid=0900e4b1825ae691で確認できます。

試しにshow interfacesコマンドを叩いてみました。

すると、8番ポートの部分が以下のようになっていました。

Switch>show interfaces

....

FastEthernet0/8 is up, line protocol is down (monitoring)

Hardware is Fast Ethernet, address is 0022.xxxx.xxxx (bia 0022.xxxx.xxxx)

MTU 1500 bytes, BW 100000 Kbit, DLY 100 usec,

reliability 255/255, txload 3/255, rxload 1/255

Encapsulation ARPA, loopback not set

Keepalive set (10 sec)

Full-duplex, 100Mb/s, media type is 100BaseTX

input flow-control is unsupported output flow-control is unsupported

ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00

Last input never, output 00:05:25, output hang never

Last clearing of "show interface" counters never

Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0

Queueing strategy: fifo

Output queue: 0/40 (size/max)

5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec

5 minute output rate 1564000 bits/sec, 1042 packets/sec

97 packets input, 11861 bytes, 0 no buffer

Received 85 broadcasts (0 multicast)

0 runts, 0 giants, 0 throttles

0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored

0 watchdog, 17 multicast, 0 pause input

0 input packets with dribble condition detected

764978 packets output, 145841414 bytes, 0 underruns

0 output errors, 0 collisions, 2 interface resets

0 babbles, 0 late collision, 0 deferred

0 lost carrier, 0 no carrier, 0 PAUSE output

0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out

....

1行目の末尾のところが他のポートでは、connected もしくは notconnect になっているのに、このポートは monitoring になっています。

ということはミラーの設定がされているのか?と思い、ミラーの設定の確認をしてみました。

以下のコマンドで確認できるようです。

Switch> show monitor session 1

Session 1

---------

Type : Local Session

Source Ports :

Both : Fa0/3

Destination Ports : Fa0/8

Encapsulation : Native

Ingress: Disabled

やはり、ミラーの設定がされていたようです。3番ポートのパケットをミラーするようになっていますね。

引数に detail を加えるとさらに詳しい情報が確認できます。

Switch>show monitor session 1 detail

Session 1

---------

Type : Local Session

Source Ports :

RX Only : None

TX Only : None

Both : Fa0/3

Source VLANs :

RX Only : None

TX Only : None

Both : None

Source RSPAN VLAN : None

Destination Ports : Fa0/8

Encapsulation : Native

Ingress: Disabled

Reflector Port : None

Filter VLANs : None

Dest RSPAN VLAN : None

ミラーの設定は以下のようにするようです。(3番ポートの通信を8番ポートへ転送する例です)

Switch>en ←特権モードへ移行

Switch#configure terminal ←コンフィグモードへ移行

Switch(config)#monitor session 1 source int fastethernet 0/3 (キャプチャ元のポート設定。1はセッションNoで任意、0/3はどのポートかを指定)

Switch(config)#monitor session 1 destination int fastethernet 0/8 (キャプチャ先のポート設定。1はセッションNoで↑と合わせる、0/8はどのポートかを指定)

Switch(config)# end

逆にミラーの設定を解除するには、monitor session [セッションNO] でいいようです。

Switch(config)#no monitor session 1

参考:

SPAN(ミラーリング その1) CCNP実機で学ぶ

SPAN(ミラーリング その3) CCNP実機で学ぶ

Catalyst 2940、2950、2955、2970、3550または3750 シリーズ スイッチでのポート モニタ(SPAN)の設定方法

ポートモニターの設定