3流プログラマのメモ書き

元開発職→現社内SEの三流プログラマのIT技術メモ書き。 このメモが忘れっぽい自分とググってきた技術者の役に立ってくれれば幸いです。(jehupc.exblog.jpから移転中)

Visual SourceSafe 2005でPDFファイルを追加し、取得するとファイルが破壊される

表題のとおりですが、Visual SourceSafe 2005(以下VSS)でPDFを追加し、そのPDFファイルを開こうとすると「この文書を開くときにエラーが発生しました。ファイルが壊れています。修復できませんでした。」とAdobe Reader9に怒られます。

どうやらVSSが悪さをしてPDFファイルを破壊しているようでした。

VSSエクスプローラのオプションから、"ファイルの種類タブ"で、バイナリファイルの欄に"*.pdf"を追加することで解決しました。

しかし、ネットで探すとやはりVSSのバグであり、修正版が出てるとのことでした。

下記のマイクロソフトのサイトからVSSのアップデートを入手しインストールしました。

Visual SourceSafe 2005 更新プログラムで修正された問題の一覧(文書番号:943847 )

参考までに、PDFが破壊されたVSSのバージョンは 8.0.50727.42 で、更新後は 8.0.50727.1551 になっていました。

どうせならマイクロソフト製品なんだからMicrosoftUpdateでVSSも更新してほしいですよね。

ちなみに、Adobeの「PDF」仕様がISO標準に認定に・・・によると、VSSサーバーにあるsrcsafe.iniファイルのバイナリ定義に、*.pdfを指定することでもOKみたいです。