3流プログラマのメモ書き

元開発職→現社内SEの三流プログラマのIT技術メモ書き。 このメモが忘れっぽい自分とググってきた技術者の役に立ってくれれば幸いです。(jehupc.exblog.jpから移転中)

プロキシの設定をするとWindows7でWindowsUpdateのエラーになる。

プロキシの設定をしたWindows7でWindowsUpdateを実行しようとすると、80072EFEや80072EEE,80072EFDのエラーとなります。

そういう場合、以下のコマンドを実行してIEのプロキシ設定をインポートするといいようです。

netsh winhttp import proxy source=ie

上記の設定をもとに戻す(リセット)するには以下のようにします。

netsh winhttp reset proxy

現在の設定を確認するには以下のようにします。

netsh winhttp show proxy

結果が、「直接アクセス」ではなく、インターネットオプションで設定したプロキシサーバーの値になっていれば設定完了しています。

なお、余談ですがWindowsアップデートが使用するドメインは主に以下となるようです。プロキシで以下のドメインへのアクセスは許可するようにしておきましょう。

windowsupdate.microsoft.com

download.windowsupdate.com

update.microsoft.com

download.microsoft.com

ntservicepack.microsoft.com

wustat.windows.com

v4.windowsupdate.microsoft.com

v5.windowsupdate.microsoft.com

参考:

Windows 7 のproxy接続環境でWindowsアップデートするとエラーになる

Windows設定関連/プロキシ経由のWindows Updateができない場合の対処

HTTP プロキシ経由の Windows アップデートを有効化する Windowsアップデートに必要なドメイン一覧。