3流プログラマのメモ書き

元開発職→現社内SEの三流プログラマのIT技術メモ書き。 このメモが忘れっぽい自分とググってきた技術者の役に立ってくれれば幸いです。(jehupc.exblog.jpから移転中)

(Linux)CentOS5にPostgreSQL9.0をyumインストールする

CentOS5のデフォルトリポジトリでは、PostgreSQL8系(8.1(postgresql)と8.4(postgresql84))しかインストールできません。 ということで、9.0をインストールする方法をメモします。 (今回は9.0ですが、PostgreSQLのサイトでは8.3等、各バージョンのリポジトリが用意されているので、リポジトリが提供されている他のバージョンも基本このやり方でインストール出来ると思います)

PostgreSQLに関しては、PostgreSQLリポジトリが用意されているようなので、まず、postgresql用のリポジトリを利用できるように、postgresqlのサイトからreporpmsをインストールします。 (今回はCentOS5 x64用のRPMですが、http://yum.postgresql.org/reporpms/から各OS用のreporpmsを入手できます)

# wget http://yum.postgresql.org/9.0/redhat/rhel-5-x86_64/pgdg-centos90-9.0-5.noarch.rpm
# rpm -ihv pgdg-centos90-9.0-5.noarch.rpm.

CentOSリポジトリファイルを修正し、postgresql8系のパッケージがインストールされないようにします。

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

[base]
...
exclude=postgresql*  ←追加
...

[updates]
...
exclude=postgresql*  ←追加
...

postgresql9.0用のリポジトリファイルを開き優先度を2にします。

# vi /etc/yum.repos.d/pgdg-90-centos.repo

[pgdg90]
priority=2  ←追加

これでpostgresql9.0リポジトリが利用できるようになったので、yumを使ってインストールします。

# yum search postgresql

# yum install postgresql90.x86_64 postgresql90-server.x86_64 postgresql90-libs.x86_64

自動起動をONにします。

# chkconfig postgresql-9.0 on

まず、データベースの初期化を行います。

# service postgresql-9.0 initdb

サービスを開始します。

#  service postgresql-9.0 start

これで使えるようになったのですが、デフォルトではローカルからのアクセスしか出来ません。 なので、管理者権限をもつユーザを追加して、ネットワーク越しに使えるようにしてみます。

まずユーザの追加ですが、postgresになり、createuser コマンドでユーザを追加します。

# su - postgres
$ createuser ユーザ名
新しいロールをスーパーユーザにしますか? (y/n)y   ←スーパーユーザにするかどうか聞いているので今回はyにします。

新しいユーザのパスワードを決めてやります。

$ psql   ←postgresqlに接続します。
#  alter user ユーザ名 password 'パスワード';

後は、ネットワーク越しにアクセスするように設定します。

# vi /var/lib/pgsql/9.0/data/postgresql.conf

listen_addresses と port のところがコメントアウトになっているので、全ホストから受け入れするように以下のように設定します。

listen_addresses = '*'
port = 5432

これで、クライアントPCのpgAdminIIIを入れてつないでみたんですが、以下のようなエラーになりました。

Error connecting ont the server:FATAL: pg_hba.conf にホスト"xxx.xxx.xxx.xxx"、ユーザ"hoge"、データベース"postgress,SSL無効用のエントリがありません

調べてみると、pg_hba.confにもアクセス許可の設定が必要なようです。
pg_hba.confでは、HBA(host-based authentication)というホストベース認証の設定を書いているようです。

# vi /var/lib/pgsql/9.0/data/pg_hba.conf

簡単に説明すると、接続、ユーザ、アクセス元別にユーザ認証の設定を行います。
TYPEが接続方式(local:Unixソケット,host:TCP/IP等)、DATABASEが接続を許可したいデータベース名、USERが接続を許可するユーザ名、CIDR-ADDRESSが接続を許可するネットワーク、METHODがユーザ認証の方式(ident:Linuxユーザ認証、trust:無条件接続許可、reject:接続拒否、md5:md5を使ったパスワード認証、passwd:平文のパスワード認証)という意味のようです。
今回、hostのIPv4の部分を以下のように修正しました。

# TYPE  DATABASE        USER            CIDR-ADDRESS            METHOD

# IPv4 local connections:
host    all             all             127.0.0.1/32            ident
  ↓
host    all             all             0.0.0.0/0                 md5

これでどの端末からアクセスできるような設定になりました。

後は、サービスを再起動して実際にpgAdminIIIでアクセスをしてみます。

#  service postgresql-9.0 start

いざpgAdminIIIでアクセスしてみると、ログインはできたんですが、データベースを展開しようとすると、以下のようなエラーが。。。

エラーが起こりました:
ERROR:  列"datconfig"は存在しません
LINE 1: ...b.dattablespace AS spcoid, spcname, datallowconn, datconfig,...

頭を悩ました結果、答えがhttp://postgresql.1045698.n5.nabble.com/BUG-5668-initdb-failed-to-create-postgres-database-td2847489.htmlに有りました。
pgAdminIIIのv1.8.4を使っていたんですが、これが古いのでpostgresql9.0に対応してないのです。 なんで、1.8.4を使ってしまったのかというと、pgAdminダウンロードサイトのソート順に引っかかってしまったのです。

改めて最新版のv1.14.3をインストールしたら、正常にデータベースにアクセスできました。

参考:
CentOS5.5へPostgreSQL9.0をyumでインストールする - bose999の試験管の中の話
CentOS 5.6 へ PostgreSQL 9.0 の RPM をインストール - Try and Error and Error
PostgreSQL ユーザー追加 - ORANGE BOX
他ホストから接続するための設定
[Linux] PostgreSQLをリモートからアクセスできるように設定する Web Sytem | AIDREAM
[ PostgreSQL IDENT認証] by へうげもの