3流プログラマのメモ書き

元開発職→現社内SEの三流プログラマのIT技術メモ書き。 このメモが忘れっぽい自分とググってきた技術者の役に立ってくれれば幸いです。(jehupc.exblog.jpから移転中)

Windows7のダウングレード権を使ってXPを使う

メーカーがWindowsXPプリインストール搭載のPCを出荷することがなくなり、Windows7しか手に入らない状況になってしまったわけですが、古い業務ソフトを使うときにXPじゃないとダメという事が未だに発生しています。

Windows7のXPモードではカバーしきれない場合、OSをXPに入れ直さないと行けません。

その際、Windows7のエディションが Professional or Ultimate で、OEM(プリインストール) or DSP(PCパーツ付属) or ボリュームライセンス版ならダウングレード権が付いているため、VistaもしくはXPにダウンロードできるようです。(パッケージ版のWindows7にはこのダウングレード権がついてないことになります)

ダウングレード権に関しては、Microsoft Windows 7 : Windows 7 のダウングレード権 (旧バージョンソフトウェアの使用) についてが公式の説明となるようです。

XPのメディアについては以下の3つが使えるようです。

1) PCメーカーより出荷された PCに 添付されていたバックアップメディア・ダウングレード用メディア

2) 一般に店頭等で販売されていたパッケージ版メディア

3) マイクロソフトが提供するボリューム ライセンス メディア

おそらく一般的には以前に購入した 2) のメディアを使うことになると思いますが、問題はインストール時のプロダクトキーです。

これについては、MSのページでも詳しく書いていません。

調査すると、プロダクトキーについてはすでにインストール済みでダウングレードしようとするのと同じエディションのプロダクトキーで構わないようです。

つまり、プロダクトキーの使い回しですね。

Windows7のダウンロードはすでに持っているXPのプロダクトキーで、ダウングレード対象(2台目)PCで使えるようにする事のようです。

ただし、アクティベーションはオンラインではできないため、オペレータにつなぎ、Windows7からダウングレードである旨を伝える必要があるようです。

参考:

ITmedia:そういえばあまり理解していなかったかも:改めて知る、「Windowsのダウングレード権」とは

きまぐれ ぷろぐらま語録: Windows7を結局買った

ひ・み・つ☆の散歩路 Windows7 → xp ダウングレード権についてのメモ

徒然なるままに  Windows 7からWindows XPへのダウングレード権の「期限付き」