3流プログラマのメモ書き

元開発職→現社内SEの三流プログラマのIT技術メモ書き。 このメモが忘れっぽい自分とググってきた技術者の役に立ってくれれば幸いです。(jehupc.exblog.jpから移転中)

(Linux)CentOS6で、resolv.confの設定内容が消えてしまう

CentOS6で(Linux)DNSサーバの指定(Linux)LinuxでDNSサフィックスを設定するで、DNS関係の設定をするときは、/etc/resolv.conf に設定を書くように記しました。

しかし、CentOS6だと、/etc/resolv.conf に設定を書いてもリブート等すると中身が消えてしまします。

調査したところ、どうやら、NetworkManagerが自動的に/etc/resolv.confを書き換えてるっぽいですね。

対処法としては/etc/resolv.confのコメントに書いてあるように、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0で設定します。 ●部分がDNSの設定となります。

DEVICE="eth0"
HWADDR="xx:xx:xx:xx:xx:xx"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"
BOOTPROTO=static
IPADDR=10.0.2.21
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=10.0.2.1
●DNS1=10.0.2.10   ←DNSサーバ名を指定
●DNS2=10.0.2.11   ←DNSサーバ名を指定
●DOMAIN=hoge.local ←DNSサフィックスを指定

もしくは、NetworkManagerを以下のように殺してしまいます。

chkconfig NetworkManager off

参考:
Cent OS6でresolv.confが勝手に書き換わる
RHEL6でresolv.conが初期化される|継続は力なり ~ 塚 loves bouldering ~
resolv.confのnameserverが再起動する度に消える現象 « « ちっぱぱろぐちっぱぱろぐ
memolog -捨てるには惜しい程度のゴミ^^ / CentOS6でresolv.confが再起動するごとに上書きされる